ほぼ日手帳のこと

一応このブログは「郵趣と手帳中心のぐだぐだブログ」という方向で始めたのですが、手帳の話ってほとんどしてませんよね…
というわけで、少し手帳のことを書いてみます。

数年前からなんとなくほぼ日手帳を使ってます。
最初は持ち歩いたりもしてましたが、最近は手帳というよりも日記帳として使ってます。

ほぼ日以前は、こんな感じ↓で


無印のA5サイズの見開き2週間のノートに簡単な日記(何かあった日だけ)をつけてました。今思えばこれも簡素でよかったのですが、日付を自分で書き込むのがことのほか面倒で…
2010年の11月末、突然思い立ってほぼ日に乗り換えたのでした。
当時はまだ1日1ページでメジャーな手帳と言えばほぼ日くらいしかなかったのかな。スイーツな「使い方」の数々をネットで見て、すっかりその気になってしまった私がそこにはいました。


私はほぼ日手帳の雰囲気があまり好きではありません。
毎日下に書かれてる文章もあまり読んでないし、読んでも何が面白いのかさっぱり… ここの部分私にとってはなくていいんですけどね。
あと↓これとか

意味も面白さもわからない…
でもこういう無駄な部分がかもし出すユルさがないとほぼ日ではないのでしょうね。
それは十分にわかってるので、自分にとっていらないからなくせ!とはまったく思いません! 「いらね~よこんなページ…」と思いながら使うのがほぼ日のほぼ日たるオモシロさなのかも。


で、なんでほぼ日を使ってるかというと、私にとっては「適度に粗末に扱える」点が合ってるのだと思います。




正直こんなブッサイクに膨れまくった手帳なんて使いにくいし汚ならしいです。
でもカバーをかけてないほぼ日には、こんな風に扱ってもいいと思えるような、適度なチープさがあります。
表紙が硬くてカッチリした印象のEDITではこうはいかないかもしれません。粗末な紙の表紙のほぼ日だから、こんなにぶっくり膨れてても収まりよく閉じてくれるのかもしれません。

去年はついにカバーもかけないままでした。
ただひたすらに、適当に貼るだけの存在。白紙の日が続いてもキニシナイ!
そんな風に使ったのが、2014年のほぼ日でした。


そして今年なんですけど、



まだ真っ白!w

去年いろいろ貼ってたのが知らず知らずのうちに「貼らなきゃ(使命感)」みたいな負担になっていたもよう(笑)
新しいホッソリした新手帳と見比べて、どっと疲れを感じてしまったのです。記録をつけるということに対して。

そんなわけで、今年のほぼ日はどう使うかまだ考え中。去年みたいに貼りまくるか、文字だけで淡々と簡単な記録をつけるか。たぶんその中間に落ち着くとは思うのですが、もう少しだらだらっと考えていたい…インフルでぐだぐだな幕開けをしてしまった2015年にふさわしい、ぐだぐだな手帳初めであります。


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

なおみん

Author:なおみん
ぬるーく郵趣、だらけきった手帳。すべてがニワカな感じでやってます。

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
サブカテゴリ
AD
Instagram Widget